2018/08/01

性器ヘルペスを放置するとどうなる? 自然治癒するの?結果は..

 

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。私は過去にいくつかの性病にかかったことがあり、その時の経験や体験談を皆様に共有するために当サイトを立ち上げました。近年、日本では性病感染者が増加傾向です。性病は早期発見・早期治療が重要。不安な方は先ずは検査をしてみましょう。

「どうやら性器ヘルペスに感染したっぽい…」

「性器ヘルペスって放置したらどうなるのかな?自然治癒ってするのかな?」

「面倒臭いから病院に行きたくない..」

とお悩みの方へ… このページでは「性器ヘルペスを放置した場合どうなるのか」について解説します。是非、ご自身の不安解消にお役立てください。

性器ヘルペスとは?

簡単にまとめると
・淋菌、クラミジアに次いで感染者数が多い
・調査によっては日本人の成人の半数以上が感染しているというデータもある
・主に唇と性器に症状(水泡、ただれ)が現れる
・風邪や疲労など、免疫低下時に発症を繰り返す
・感染者の約80%以上は無症状で、感染に気付いていないと言われている
・自然治癒することはない
・現時点では完治は非常に困難

「性器ヘルペス」は単純ヘルペスウイルスに感染することによって生じる性病の一種です。日本において淋菌とクラミジアに次いで感染者数の多い性病ですが、その大半は無症状で自身の感染に気付いていないと言われています。また、現代医学ではまだ完治(ウイルスの完全な除去)する治療法は見つかっていません。

*詳しくは下記ページをご参照ください





性器ヘルペスを放置するとどうなる?

性器ヘルペスを長期間放置をすると下記のような状態になってしまう可能性があります。

性器ヘルペスを放置した場合に起きる症状

・一度も症状が出ない、もしくは気づかないレベルの弱い症状しか出ない
・繰り返す性器周辺の水泡、ただれ
・足の付け根のリンパ節の痛み
・歩行、排尿が困難になる(神経障害)

性器ヘルペスに感染した場合、性器周辺に水泡やただれが発生することが多いです。この水泡は痛みがある場合とそうでない場合があります。また、人によっては足の付け根のリンパ節の痛みや歩行や排尿困難といった症状が出る場合があります。これらの症状は放置していても1週間ほどで消えますが、不定期に(数週間〜数ヶ月に1度の頻度)繰り返すことが多いです。

ヘルペスはまだ完治することができない

ヘルペスは現代医学ではまだ完治(ウイルスの完全な除去)する治療法は見つかっていません。しかしながら先述の通り感染しても多くの場合無症状であるため、感染に気づかないまま生涯を終える人が多いのも事実です。
発症した場合は薬で症状を抑えることが可能ですので、感染の疑いがある場合は早急に検査し治療を受ける必要があります

感染の予防にはコンドーム

性病をもらわないために性行為の際は必ずコンドームを着用しましょう。風俗の時だけでなく、恋人との性行為の際もコンドームを着用することをオススメします。コンビニや薬局で買うのは恥ずかしい、という方は下記のようなネット通販で購入するのも良いでしょう。

【コンドーム通販のLOVE MART】

性器ヘルペスの検査ってどこでできるの?

性病検査ができる場所、方法
・女性:産婦人科、婦人科、性病科
・男性:泌尿器科、性病科
・保健所
自宅でできる郵送検査キット
主に、男女ともに血液検査をします。約5日ほどで検査結果がわかります。
性病で病院に行くのは少し恥ずかしいかもしれませんが、しっかりと医師にみてもらうのは安心感があります。

保健所ではヘルペスの検査は取り扱っていないことが多いです。

また、検査を受けるうえで非常に重要なのがパートナーの方も一緒に受けるという事です。
特定の相手がいる場合は、その方も高確率で同じ性病に掛かっていることが予想されます。
自分だけ検査・治療を受けて完治しても、また相手から病気をもらってしまい、ピンポン感染となってしまいます。
性病の疑いがあることを打ち明けるのは勇気がいりますが、しっかりと完治を目指すには避けては通れない道です。

誰にも知られずにできる郵送検査キット

中には、誰にも知られずに検査をしたいという方もいると思います。
そんな方におススメなのが自宅でできる郵送検査キットです。





皆さん、様々な事情を抱えていると思います。どうしても誰にも知られたくない、という方は是非郵送検査キットを使用してみてはいかがでしょうか。リーズナブルな価格で高精度な検査をすることができます。

性病郵送検査キット おすすめランキングはこちら!

性器ヘルペスの治療方法、治療期間

主に内服薬と軟膏(塗り薬)を使用します。完治はできませんが、これらの治療によって症状の発症と他者への感染をある程度防ぐことができます
症状によっては点滴を行う場合もあります。





この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは。私は過去にいくつかの性病にかかったことがあり、その時の経験や体験談を皆様に共有するために当サイトを立ち上げました。近年、日本では性病感染者が増加傾向です。性病は早期発見・早期治療が重要。不安な方は先ずは検査をしてみましょう。
 

Copyright© 性病お悩み相談室 , 2018 All Rights Reserved.